転職がなかなかうまくいかず悩んでいる人の中には、「やはり学歴が…」とか「転職回数が多いからかな」と、そこにばかり目がいって、肝心なことを見逃している人が多いようです。転職を成功させるためには、採用側が何を望み、どのように考えるかを吟味した上で、それに沿った自己アピールをすることが重要なのです。

 

 そもそも採用側の関心はただ一点、「この人は実績を残してくれるか」に尽きるのです。そうであれば、いかに自分が、その仕事に向いているか、自分を採用することがいかに会社のためになるかを主張することが何より大切だといえるでしょう。同業種・同職種で転職を考えるときには、前職での経験や実績が、今回の仕事にどのように結びつくかを具体的に答えられるよう準備しておく必要があります。このような場合は即戦力として期待されている場合が多いので、ただ熱意だけを伝えても相手の心証を良くしないものです。自分を採用することのメリットを相手に伝えきることができるかどうかが大事です。

 

 全く未経験の業種・職種に転職を希望する場合は、まず自分の前向きな気持ち、謙虚に仕事に取り組む姿勢を示すことが大事です。このような場合、企業側はある程度の時間をかけても、将来大きな実績を残してくれる人材を好むものです。その際の判断基準はやはり人柄と言えるでしょう。話をよく聞き、問われたことに的確に答えられるコミュニケーション能力も不可欠です。以上のような条件をクリアすれば、学歴や転職回数がマイナスに働く可能性を押さえることができます。むしろ学歴や前職のネームバリューだけを頼りにしてしまうと、かえって担当者の心証を損ね、転職のチャンスを逃してしまうということも知っておいてください。